研究助成

日本小児がん看護学会では、看護実践の向上ならびに看護研究の推進のために研究費用の一部を提供し、研究成果により看護学の発展に寄与することを目的として研究助成金を設置いたしました。この資金は、本学会初代理事長である名誉会員の梶山祥子氏よりご寄付いただきました。できるだけ、多くの臨床の皆様に役立てていただきたいと思っております。
年一回公募を行い、審査を行って、採択された課題の研究代表者に研究費用を交付します。
会員の皆様の応募をお待ちしております。

【応募資格】
日本小児がん看護学会の会員であれば会員登録期間に関係なく応募できます。
また、研究代表者は、臨床現場で勤務している看護師に限ります。

【申請の際に留意していただきたい事項】
●研究助成金募集要項をよくお読み下さい。
●応募期間は、平成28年7月1日から平成28年8月15日(必着)です。
●申請はオンラインで行います。「申請書」をダウンロードし、必要事項を記入の上、専用応募フォームよりご応募ください。
●機関に所属する応募者は事前に所属する機関の所属長の承認を得ることといたします。
●研究助成金は、1件あたり1年間5万円以内とします。
●研究助成金は、1年につき、2件程度の採択を予定しています。
●申請は研究代表者1名につき1件までとします。
●研究助成金の交付を受けた者は、この研究に関する全ての発表に際して、本学会の助成によるものであることを明らかにする必要があります。
●研究助成金の交付を受けた者は、助成金交付後1年間の研究成果を次年度の日本小児がん看護学会学術集会において発表し、助成金交付後3年以内に日本小児がん看護学会誌に論文を投稿する義務を負います。
またこれら発表と投稿については適時任意の様式で日本小児がん看護学会に報告していただきます。これらが確認できなかった場合は、理事長に報告し、理事長が必要と認めた場合には指導、助言を行うかもしくは罰則を適用することがあります。

○ 平成28年度研究助成金募集要項(PDFファイル)

○ 日本小児がん看護学会研究助成金規程(PDFファイル)

○ 申請書(Microsoft Word文書ファイル)

○ 専用応募フォーム(リンクへジャンプします)